偏差値40から、早稲田・慶応大学受験を目指す受験生を応援。予備校、参考書、大学入試センター試験、通信添削のZ会、勉強法など、役立つ情報が満載。

偏差値40台の早稲田・慶応大学受験マニュアル > 物理の勉強法 > 物理・基礎レベルの勉強法

物理の勉強法

物理・基礎レベルの勉強法

基礎レベルでは、出題される物理現象を、把握するのが第一かと思います。
力学にせよ、電磁気にせよ、入試で出される現象は教科書に全て載っているので、
まずは、そこからチェックすべきかと思います。


基礎レベルの勉強法は、教科書をサーッと流し読みすることから始めたいですね。

熟読したり、何回も繰り返して読む必要は無いですが、
教科書にどういった物理現象が載っているのかを、一通りチェックしておきます。

あと、物理にはどのような単位が使われるのかを、
この段階で、きちんとおさえておくと良いですね。

物理の学力が、応用レベルにある人でも、
この単位をきちんと把握できていない人が、結構いたりするので、
今のうちからやっておきましょう。入試にもたまに出ます。

学校の授業をきちんと受けていて、定期テストでもそこそこ点が取れていた人は
教科書レベルの内容は、ほぼマスターできていると思うので、

そういった人は、基礎レベルをすっ飛ばして、実戦レベルに行くといいと思います。


で、ここからは、自分のように学校の勉強をサボっていたり(笑)
物理があまり得意でない人の勉強法について書きます。

基礎レベルでは、教科書レベルの問題がとけるようになればOKです。

自分は「橋元流・・・」という有名な本を使ってましたが、
学校などで、演習用に配布される問題集でもかまわないと思います。

基礎レベルの問題が解けるようになったからといって、
一気に成績が上がったりするわけではないんですが、

このレベルの内容をきちんと身につけていないと、
実戦レベルの問題集で、解答に書いてあることすら理解できないので、
きちんとやっておきたい段階だったりしますね。

自分がこのレベルで、使っていた参考書を挙げておきます。

・橋元流解法の大原則1

・橋元流解法の大原則2


自分は学校の物理の授業を放棄していたので、
物理に関しては、一から勉強しなければいけませんでした。

でも、最初の段階では、教科書に書いてあることがわからない・・・。

もちろん、どんな現象が書いてあるかはわかるんですが、
その現象を、どういう風に使うのかがイマイチピンと来なかったんです。

そういった悶々とした状況の中で出会ったのが、この「橋元流」です。

今まで、わかりにくかった部分が、非常にわかりやすく解説されており、
重要な部分がきちんとおさえられていました。

で、橋元流を読んだ後で、教科書を読み直すと、
これまでさっぱりだった教科書の本文が、スイスイと頭に入ってきたわけです。

基礎レベル用に、すでに参考書がある人は別ですが、
そうでない場合は、この橋元流をオススメしたいですね。

受験の合格率を高めるために、、、

大学受験では、いかに効率よく勉強できるかが合否を分けます。

しかし、効率の良い勉強ができるようになるには、
たくさんの時間を失敗をくり返さないとたどり着けないのです。

忙しい受験生にとって勉強に使える時間は限られている。
ムダにできる時間などほとんどないのも事実。


そんな受験生におススメしたいのが、このサイトでも
かなりリスペクトしてる和田秀樹氏の「受験の方程式」という教材。

受験合格に必要な勉強法の構築の仕方、
参考書の選び方などが、分かりやすく、かつ、詳しくまとめられてます。

「受験生はこの教材をベースに勉強してれば、
成績が上がらない方がおかしいんじゃないの」と、個人的に本気で思ってます。

今なら期間限定で、かなり安価で入手が可能です。

正直、自分に合わない参考書を何冊か買ったり
塾や予備校に通うより、はるかにコストパフォーマンスはいいです。

効率的な勉強のポイントも書かれてるので
以下のサイトを何回か読み返してみてください。


   ↓↓ちょっとでも興味がある方はコチラからどうぞ↓↓

      ★★受験攻略法はコチラから★★